2019年 春の鵠沼教室⑭

梅雨前線+太平洋高気圧
この二つの存在が長い大雨をもたらし、九州北部の川があちこち氾濫してしまっています
テレビでの映像を見ているだけでその悲惨さに恐怖を覚えますが、
一日も早く元の姿を取り戻してもらいたいと祈るばかりです。
東日本大震災の際に「今後どんどん水の災害が世界的に増える」と聞いていたので、毎年台風が接近するたびに心が落ち着かなくなってしまうのですが、台風だけでなく、梅雨の長雨までもが警戒しなければいけなくなるとは、、、

今やどこに住んでいても災害に巻き込まれうる可能性があることは確か、「もしも」の時に備えて、今一度周囲の危険個所や避難経路などを確認しておきましょう。

surferとしましては、エクセレントな波が被害をもたらすことなくうねりだけを届けてほしいと、わがままなお願いになってしまいますが、短冊に書いて笹につるしたいと思います

 

《鵠沼教室の写真》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの人の下に楽しくて仕方ない2020年の夏が届きますように

 

海の学校事務局  桜井

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください