SDGs目標13 気候変動に 具体的な対策を

昨日の大雨から一転、本日はポカポカととても暖かい陽気となっております。
近所の河原に今年初のつくしを発見。とうとうこの季節が来たな(⋈◍>◡<◍)。✧♡ とウキウキしてしまいます。


17の目標と169のターゲットを掲げているSDGs(持続可能な開発目標)。その中でも、最も重要ではないかと考えられること、それがこの目標13ではないでしょうか。
 これはすでに、私が子供のころから言われ続けて来て問題視されている“現状”から地球の未来を守る取り組みでではないかと思います。

それは、私たち人間が引き起こしている活動で、二酸化炭素が排出され、地球が温暖化していくことで自然災害が増える。負のサイクルです。

 世界の平均気温が2℃上昇することで起こりうる地球のリスクは
1.海面上昇、高潮
2.洪水、豪雨
3.インフラ機能停止
4.熱中症
5.食糧不足
6.水不足
7.海洋生態系損失
8.陸上生態系損失

人間がなんとか自然と共存して耐えられる限界ラインが2℃と言われています。
地球温暖化防止は、今すぐに解決に向けて努力しなければいけない問題です。

動物の呼吸からも排出される二酸化炭素。排出をゼロにはできません。
でも、できる限りのCO2排出量の削減、そして酸素を生み出す植物、森を守ること。

節電、節約、身近なことにも沢山の心がけることができるものがあります。
1人1人の努力で、地球を長生きさせていきましょう。

海の学校事務局   桜井

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください