SDGs目標5 ジェンダー平等を実現しよう

『今年の冬は寒い』と言われてシーズンインしましたが、年末くらいからそれを実感するくらい、雪が多い日本となっております。
ここ、湘南は比較的暖かく、雪も少ない場所ではありますが、ここ数日の冷え込みは心臓に響くような痛い寒さになってきました。“自粛”と言われるまでもなく、家でしゅっぽりしていたい日和です。

 さて、今日紹介するSDGs目標5は、「平等」を目的とする一つ“ジェンダー平等”を発信する目標です。
 女性、女の子にいろいろな場面で力を与えることを目標としていて、日本は他の国に比べて遅れている部分でもあります。
 古くからある日本の美学として「女冥利に尽きる」というこ言葉もあり、女性だからこそ出せる力や魅力もあると思いますし、女性ならではの仕事や楽しみがあることも大切に思います。しかし、性別を理由に悔しい思いをすることも多くの場面で発生しているのです。

 身体的、精神的、性的に傷つけないこと、家事労働の評価など、日本も改善に少しずつ向かっているようです。
 家事を妻に任せっぱなしにしていませんか?
身近なところから意識して改善していくことで、女性の権利を守り、政治や経済の場でも平等になれる時代が近くなることと思います。

 

海の学校事務局   桜井

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください