SDGs目標14 海の豊かさを守ろう

出会いと別れを織りなす季節でもある春、振り返ったり立ち止まったり、はたまたこれから来る未来に心躍らせたり。 
騒がしい心をうららかな春の風がなだめてくれる美しい季節です。

これまで「コロナが収まったら」と、一時的に考えていたコロナ禍の生活から、これから先本格的に“新しい生活様式”を持って日常とすることが求められそうです。
その波に巻かれながら、出来ること、できる方法を模索して、輝ける自分の路を歩んでいくことができたらと思います。

さて、海を生活の一部としている、サーファーにとって、最も身近なSDGsの目標であるものが、この目標14“海のいのちを守ること”ではないでしょうか。
海から得られる資源をこのまま未来まで利用させてもらうには??
もう皆さんお解りでしょう。海洋汚染、海の環境破壊を食い止めることです。
海に携わる方々は、それぞれビーチクリーン活動に参加されている方も多いと思います。
『拾う人は捨てない』
『海のゴミの70%は街から出ている』

海の学校は、今までもこれからも、海の楽しさ、怖さと共に、海の大切さ尊さを伝える活動を続けていきたいと思います

 

海の学校事務局   桜井

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください