2019年 秋の鵠沼教室 ②

朝夕はめっきり涼しくなってきて、過ごしやすくなってきました。
とは言え、コロナがもう少し落ち着かないことには、どこかに遊びに行くのもまだ少し気が引けますよね。

コロナと共存する生活様式にはまだ慣れず、不自由に感じることもありますが、もう少しの辛抱と信じてこの状況を明るく乗り越えていきましょう!

《秋の鵠沼教室レポート》

 2019年の秋の鵠沼教室の参加は、未就学児も多く、ちょっと難しそうな“(倉本聰・監修)『富良野自然塾~環境プログラム~46億年・地球の道』出張講座”に、途中で飽きてしまうのかと想定しておりましたが、みんな一緒に地球の旅を終えて本部テントへと帰ってきました。
「知ってる?地球って最初はとっても暑かったんだよ、それからめ―っちゃ冷たくなったんだって。。。」本部で留守番をしていた私に、参加してきた子が教えてくれました。
 昼食を取りウエットスーツに着替えて、午後の部がスタート。海に入る前にサーフライダーファウンデーションさんの水質検査の実験をみんなで行い、「比較的きれいな水質である」という結果が多く安心しました。

 今回は、水に慣れる、波に慣れる時間として、ボディサーフィンの先生たちと一緒にボディサーフィン教室からスタートしました。

《写真》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~つづく

 

海の学校事務局  桜井

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください