NSA(日本サーフィン連盟)・神奈川サーフィン連盟からのお知らせ

『自粛緩和』『新しい生活様式』
など、これまでとは違って少し夏を迎えたい気分にさせてくれるワードが増えてきましたね。
ウイルスが完全に消え去ることはないでしょうが、なんとか付き合ってこれから来る季節を楽しみましょう。

『サーフィン』についても、賛否両論様々な意見がありましたが、健康維持に効果的なスポーツということで〝ソーシャルディスタンス〟とマナーを守って行うべく連盟からのお知らせがありましたので紹介したいと思います

・日本サーフィン連盟からのお知らせ
http://www.nsa-surf.org/news/20200515/

 

・神奈川県サーフィン連盟
各地域のサーフィンガイドラインの遵守について

皆様におかれましては、都道府県をまたいでの移動規制、行政機関の施設の利用制限に ご協力いただきありがとうございます。
5 月 14 日現在、8 都道府県(北海道、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都) については緊急事態宣言の解除には至っておりません。
不要不急の外出制限は続いていますが、5 月 4 日、スポーツ庁から「身体的及び精神的な 健康を維持する上ではスポーツを行うことが必要です」との発信があり、また、(一般社団 法人)日本サーフィン連盟からは「サーフィンは野外で、海上で行うスポーツです。野外 で海に入ることは、心身共に健康になり、免疫力も高くなると言われています。太陽の下 で海水に浸かる事で、セラピー効果が期待できる健康維持に適したスポーツでもあります。」 とのコメントが発表されました。
上記の内容を踏まえて、緊急事態宣言下ではあるものの、皆様には今後の「新しい生活 様式」を実践していくための、各地域によるサーフィンガイドラインに従っていただきま すようお願いいたします。
サーフポイントごとに置かれている状況は違っています。地元住民への配慮は重要です。 地元地域から出されているルールに従ってください。
回復の兆しはありますが、未だに予断を許さない状況です。不要不急の、都道府県をま たいでの移動はやめましょう。
サーフポイントや観光地の多くの駐車場は閉鎖されています。受入れ拒否の意思が働い ていることを良く理解して下さい。
最後になりましたが、今回の新型コロナウィルス感染症に対し、長期に渡り医療体制に 携わる医療関係の皆様に、心より感謝と敬意を申し上げます。また、お亡くなりになられ た方々へご冥福をお祈り申し上げます。
緊急事態宣言 2020 年 5 月 16 日現在 神奈川県サーフィン連盟

海の学校開催までは、今少し状況が改善されることが望ましいと思います。
また多くの方々に、サーフィンを通して海という環境との触れ合いの場を創っていける日を楽しみにしております!

 

海の学校事務局 桜井

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください