2019年 春の鵠沼教室⑧

夏の陽気になって来ましたね。
海も徐々に賑わいを見せてきました。

各海岸などの公営駐車場の閉鎖も解除になり、波を求めて、密集を避けて、楽しめる海を選べるようにもなりました。

海の学校のインフォメーションはまだできませんが、海遊びをそれぞれご家庭で楽しんでいただけたらと思います。

しかしながら、海で遊ぶ時には危険はつきものです。以下のことに注意してください

・事前の体調の確認
・熱中症対策(水分補給、日陰の確保、適度な休憩)
・周囲の確認(ライフセイバーはいるか、岩やテトラポットなどの危険物の位置など)
・小さな波でも子供から目を離さない

沖から波に乗ってくるサーファーのボードにも要注意です。上手な方ですと避けてライドしてくれることもありますが、ボードは固く、フィン(ボードの裏についている直進性を高める部分)やノーズ(ボードの先端)はとがっていて、ぶつかると大きな怪我につながる恐れがあります。 
海が空いていると思っても、そこには流れが発生していたり、何かの危険があるために人が避けているという場合もありますので、海の状況を判断できる方(ライフセイバーさんなど)のお話を聞いて遊ぶ場所を選ぶことをお勧めします

《教室の写真》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〝ピンチの時ほど本気のなり、自分の想像以上の力が発揮できる〟

 

海の学校事務局 桜井

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください