大人も子どもも自然に触れよう

寒くなってきましたね。時間があってもつい外に出ることに躊躇してしまい、外でのびのび遊びたい子供たちに付き合うのが嫌で、家での遊びを促してしまう結果、ゲームやテレビの時間ばかりになってしまいがちです。
 そして今度は、子供たちが話も聞かず夢中になっている姿に、イライラしてしまう。何だか矛盾していますが、私自身も、他のお母さんたちからも聞かれる声で、その先には自己嫌悪が待っているのです。

 自身も楽しめる装備を整えて、出来るだけ一緒に外遊びを楽しみたいものです。
屋外からもう少し踏み込んで、“自然に触れること”を親子で楽しんで行けたら、、、そんな機会が都会では失われつつあります。

 自然との触れ合いは、子供たち、そして大人にも良い影響を及ぼすことが多々あります。
自然とは、海、山、川、草木、太陽、月、風など、人の手が加わっていないこの世のあらゆるものが“自然”であり、人里離れた山奥まで足を運べば、多くの自然の営みに全身で触れることができますが、そんなに大それた計画を立てて遠くへ行かなくても、たくさんの自然が身近にもあるのです。
通勤の途中、立ち止まってみてください。アスファルトの隙間から必死に葉を伸ばしてきた植物、街路樹から落ちてくる黄色くなった葉、香りや温度を運んでくる風、時間によって温かさや空の色を変える太陽の光、、、
自然を見つけ、そこに心を向けることで小さな〝自然との触れ合い〟が生まれます。

ビーチに落ちている貝や石、枝や砂、草や花も、自然の中にあるものは発想力さえあれば、遊び道具やインテリアとなり、子どもの発育を手助けしてくれます。地球を感じるアーシングは、大人にとってストレス発散やリラックスできる大切な場所にもなります。
自然に触れ、自然を好きになることで、守りたい心も生まれ育まれることと思います。

寒い季節は寒い季節なりに感じられる自然があります。
自然での遊びを楽しみましょう。
風邪を引かないように、防寒対策を忘れずに!

 

海の学校事務局   桜井

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください